「けいおん!」効果とプロダクトプレイスメント


「けいおん!」効果でラミーのシャーペンが売れているらしい。

律ファンの方に嬉しいお知らせです 「律のシャーペン」売れ行き好調 – アキバBlog

アマゾンを見てみると、早速売り切れ状態に。まあ、定番商品でちょっとこだわった文具店なら比較的どこにでも置いてあるでしょうから、それほど争奪戦にはならないでしょう。

中には同じく作中に登場したカメラとチューナーまでセットで買ったツワモノもいるようで。なかなか面白い現象ですね。

よくよく考えてみると、ドラマや映画なんかで登場人物が使っているアイテムが爆発的に人気になる、というのは昔からあったことです。

日本のアニメやマンガは特に作画が細かいので、こういったものを見分けることが出来るんでしょうね。以前、同じ京アニ制作の「らき☆すた」で鷲宮神社が盛り上がりましたが、これからプロダクトプレイスメントのターゲットとして、ドラマや映画だけでなくこういったアニメやマンガが本格的に注目されるのかもしれません。

まあ、「けいおん!」の例はそういった作為的なものがない、アニメを見た視聴者が自発的にアイテムを特定して取り上げている状態だからこそ、上手くバランスがとれているのでしょうから、大切なのは、これら予期せぬ注目をメーカーや販売店がどうやって生かすか(上手に立ち回るか)でしょうね。

逆に、これらのブームを意図的に起こそうとして匙加減を間違えると、かえって逆効果になってしまう恐れもあります(と、ここまで書いて、昔「こち亀」でゲーム内に広告を載せまくって世界観ぶち壊しになった話をふと思い出しました)

作品の世界を壊さないようにするバランス感覚も含め、仕組みづくりが非常に難しそうですが、これを「フィクション(物語)の世界と現実世界をリンクさせるビジネス」と考えると、いろいろと違った面白いビジネスが考えられるかも。

例えば、ドラマ・映画やアニメ・マンガなんかに登場するアイテムだけを集めたショップとか(アフィリエイトサイトなんかでもう既にありそうですが)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。