iPhoneとiPod touchのどちらを買うべきか?


先日のエントリーの影響で、本格的に iPhone が欲しくなったワタクシ。

しかし、私の場合、

・現在使っているアドエスの2年縛りが来年4月末まである
・アドエスを解約するとマルチパックに入っているウィルコムADSLの割引(¥700程度ですが)が無くなる

という前提条件があり、かつ携帯を iPhone 一本に絞るのはいろいろと心許ないため、iPhone を導入するとなると必然的に「ダブルホルダー」ということで、ランニングコストが結構馬鹿にならない額になりそうです。

と、ここで思いついたのが「電話や簡単なネットはアドエスで出来るんなら、iPhoneじゃなくてiPod touchで充分じゃね?」という発想。

世間が iPhone 3GS に大注目している中、あえて「iPod touch」を選ぶ。というのがちょっと面白かったこともあり、いろいろと調べてみました。

私がやりたいこと

・アイデアメモの入力・管理(Evernote)※録音→自動テキスト化が理想
・メール送受信(Gmail)
・アドレス帳管理(Macのアドレスブック)
・スケジュール管理(Googleカレンダー)
・ToDo管理(Remember the Milk)
・蔵書管理(Delicious Library)
・個人DB管理(Bento)

他にもいろいろと出来ることはあるのでしょうが、現在やりたいこととはこの辺りでしょうか。これを「iPod touch+アドエス」で実現する方法はないか、ちょっと考えてみることに。

テクニック1:別売りの小型マイクを使う

iPod touch にはマイクが付いていないため、「音声認識Mail」がそもそも使えません。しかし、別売りのマイクを取り付ければボイスレコーダーとしても使用出来るのだとか(音楽プレーヤーとしても使う人や Skype を使いたいならヘッドセットでもいいですね)

アプリ自体が対応していなければいけませんが、これを使えば iPod touch でも似たような機能を発揮してくれそうです。

テクニック2:FONを使う

iPod touch 最大の弱点であるネットワーク機能ですが、WiFi機能を最大限活用すれば、ある程度はカバー出来るようになるかもしれません。

なるべくコストをかけずに公衆無線LANを使用する方法としては「FON」あたりを活用するのもひとつの手です。

fon – WiFi FOR EVERYONE | 世界最大のWiFiコミュニティ fon japanのオフィシャルサイト

テクニック3:アドエス(WiFiSnap)を使う

ウィルコムでは以前 SIMカードを使った持ち歩ける無線LANアクセスポイント端末である「どこでもWi-Fi」という商品を出しましたが、アドエスの有料アプリである「WiFiSnap」を使えば、これと同様の機能をアドエスに持たせることが可能です。

私の場合、ネットブラウザ等はそんなに頻繁に使わないので、ネットワーク接続はこの「WiFi化したアドエス+FON」という組み合わせで充分何とかなるかもしれませんね。

結論

私のように『常時接続でなくてもいい(緊急時以外は出来る時に同期)』『WiFi化出来る電話機を持っている(ウィルコム/イーモバイルなど)』という人で、iPhone 一本に電話機を絞りたくない人などは、この方法を使えば比較的低ランニングコストで、ほぼ理想の環境を手に入れることが出来るかも?という感じでしょうか。

ただ、件の「音声認識Mail」は残念ながら現時点では iPod touch 未対応のようなので、一番期待していた「アイデアメモ」としての用途を考えるとちょっと。。。といったところ(まあ、このアプリはネットワーク経由でテキスト変換を行っているので、そもそも iPod touch には向いていないんでしょうね)

それほど急を要するものではないですし、なにやら秋頃に iPod touch の新モデルが出るかも?という噂があるみたいなので、その真偽のほどを確かめてから購入判断をしようかと思います。OS3.0はボイスコントロール機能が充実しているらしいので、もしかするとマイクを標準搭載した iPod touch なんかが出てくるかもしれませんしね。

しかし調べてみて分かりましたが、アドエスって意外に便利ですね(イーモバイルでもいいんでしょうけど)。アドエスのアプリで「音声認識Mail」みたいなものが出るか、Google Voice の日本版みたいなサービスがあればベストなのかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。