「一人遊び」がいまアツい?


日経MJより。ラウンドワンの新しいサービス『がんばれ!ボウリング番長!』が人気らしいです。

がんばれ!ボウリング番長!

ゲームセンター等では一般的になってきた「ネットワーク対戦」をボウリングゲームに取り入れて、一人でも気軽にボウリングを楽しめるようにしたそうです。

ネット対戦専用の登録カードを作り、そこに対戦成績やアベレージなどを記録していくことで、自分のキャラクターが成長していく仕組みなんだとか。対戦相手は全国のラウンドワン店舗内で同時にボウリングを行っている人の中から、コンピュータがアベレージに応じた最適な相手を自動的にマッチングしてくれるとのこと。良く出来てますね。

しばらくボウリングはやっていませんでしたが、見つけたらちょっとやってみようかな(チーム対戦とかも出来るようになると面白そう)

一つのアイデアとして考えてみると、みんなでワイワイガヤガヤと楽しむのが当たり前、と思われているものを「一人用」にしてみる、というのは、他にもいろいろと応用が出来そうです。

私も以前、ふと思い立った時に「ひとりカラオケ」なるものをやっていたことがあります。誰にも気兼ねなく歌い続けることが出来るので、ストレス解消・気分転換や新しい歌の練習なんかにいいんですよね(最近はカラオケ自体に行かなくなってしまいましたけど)

他にも、最近ではホテルや旅館でも「一名様ご利用」の専用パックなんかが増えてきていますが、ああいったものも誰かと行くのとはまた違った楽しみ方が出来ていいものです。

逆に、一人で利用するのが当たり前になっているものを、パーティ(団体)やカップル向けにするというのも面白いかもしれません。オンラインゲームやネットカフェのカップルシートなんかはその発想ですかね。

こう考えてみると、ゲーム業界って新しい技術や考え方を取り入れるスピードや柔軟性が他の業界よりも優れているのかも、と思ったり。

 

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。