「速読」が出来ない私なりの、質の高いアウトプットのための読書術(読書法)


ここのところ「読書」についての記事を目にする機会が増えた様な気がします。最近読んで非常にためになったのは以下のエントリ。

速読で本が楽しめるのかという疑問 – 狐の王国
読書を単なる知識取得ツールで終わらせるのはモッタイナイ! – モチベーションは楽しさ創造から

前々回、付箋を使った読書法をちょっと紹介しましたが、今回はその拡大版として、私が実践している読書法を紹介してみたいと思います。

私の場合、目的によって大きく分けて2通りの読書法を実践しています。

現在のところ、購入ペース(週に4、5冊)に比べて、読むペース(週に2、3冊)が追いついていないので、何かしらの改善が必要ですが、読書の「質(内容)」に関しては、おおむね満足出来ています。

さて、その2種類の読書法とは?

1.特定のテーマに関する情報が直ぐに必要な場合の読書法

仕事などで、ある特定のジャンルに関する基礎的な知識が必要になった場合の読書法ですね。

この場合、まずは Amazon でそのジャンルに関する本を何冊かまとめて購入し、短い期間に集中してざっと読んでしまいます。

読み方としては、「前書き」と「あとがき」「目次」を見て関係ありそうな部分だけピックアップして目を通す感じです。あくまでその専門分野についての「下地づくり」みたいなものですね。

本の内容(全ての文書)に素早く目を通す技術が私にはないので、上記のようにポイント部分だけに集中して後は切り捨てています(じっくり読んでみたくなった本は次の2のやり方で改めて読んだりもしますけどね)

2.興味がある本をじっくりと読みたい場合の読書法

普段、毎日続けている読書はこの方法で読んでいます。

得た情報を無理矢理すぐに役立てようとはせずに、じっくり頭の中に貯金しておくというイメージですね。意識的にアウトプットしようとしなくても、日常生活の様々なシーンで自然と現れて(表れて)いくものなんじゃないかと思っています。

(まあ、仕事やこのブログなど定期的にアウトプットする習慣がありますので、ずっと埋もれてしまうわけではありませんが)

読み方としては、1のやり方と同様、「前書き」と「あとがき」「目次」を読んで本のイメージを固めてから、最初から通してのんびりと読んでいっています。途中で気になったフレーズなどは付箋を貼ったり、メモしたりします。

また、本を読んでいる途中でふと思い浮かんだアイデアなどをその場で書き留めるようにもしています(私の場合、この作業が結構頻繁にあるので読書スピードはかなりゆったりしたものになってしまうんですよね)

集中してくると妄想の世界の中で著者と会話しているようなイメージが浮かんできたりも。傍から見るとアブナイ人みたいですね。

自分に合った読書法とは?

フォトリーディングやフォーカスリーディングといったいわゆる「速読法」についての本などもいくつか読みましたが、いろいろと試してみた結果、私はこういった読書法に落ち着きました。

参考にした書籍は以下の4冊。

photo
あなたもいままでの10倍速く本が読める
神田 昌典
フォレスト出版 2001-09-19

by G-Tools , 2008/11/26

photo
図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める
フォトリーディング公認インストラクターズ
フォレスト出版 2005-05-24

by G-Tools , 2008/11/26

photo
カンタン・スラスラ べんり速読術
斉藤 英治
日本実業出版社 1998-08

by G-Tools , 2008/11/26

1の読書法に関しては、上記の本に書いてあるテクニックを取り入れていますが、2の読書法は世間の本流(トレンド)と真逆の方向をいっている様な気がしますね。まあ、結果的にはアウトプットの量も質も向上している実感がありますので、このスタイルが私には合っているのでしょう。

両方の読書法に共通して言えるポイントは、当たり前かもしれませんがしっかりとした目的意識を持って本を読む。ということですね。「この目的のためにこの本を読む!」と1冊1冊明確なテーマを設定しなくても、日頃から仕事や生活において目的意識や自分なりの研究テーマなんかを持っていたりすれば、自然とそれが本を読む動機になっているんじゃないかと思います(目的を探すために本を読む、というのもそれはそれで立派な読書の目的ですし)

皆さんもテキストの内容をそのまま実践するだけでなく、自分の性格やワークスタイルに合った読書法を探してみるといいかもしれませんね。

 

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。