アイデアツールとしても使えるワイヤーフレーム作成サービス9+5


Ultimate Guide to Website Wireframing』では、ウェブ制作者必見のサイト用ワイヤーフレーム作成ガイドがまとめられています。

なかなかのボリュームなのでじっくり読みたい人はリンク先を見ていただくとして、ここではエントリー内で紹介されていたブラウザ上で使える「ワイヤーフレーム作成ツール」に注目してみたいと思います。

上記のエントリーで紹介されていたのは下記の9つ。

Mockingbird
Lovely Charts
Cacoo
Lumzy
Jumpchart
Balsamiq Mockups
Google Drawings
JustProto
Creately

ほかにも私のオススメのツールを5つほど紹介。

gliffy.jpg
Gliffy
Visioのようなダイアグラム作成サービスですが、ワイヤーフレーム用にも使えるシンプル使いやすいツールです。

iplotz.jpg
iPlotz
豊富なコンポーネントが揃っている多機能ツール。プロジェクトやタスクの管理もできます。

hotgloo.jpg
HotGloo
プロジェクト単位で複数のワイヤーフレームを管理したり他の人と共有したりできるサービス。

mockflow.jpg
MockFlow
デスクトップアプリも提供しているので、オフラインでの利用も可能なモックアップ作成ツール。

iphonemockup.jpg
iPhone Mockup
iPhone用サイトに特化したワイヤーフレーム作成ツール。イラスト風と鉛筆風の2つのテイストが選べます。

中には日本語対応していないサービスもあるので、心配な人は日本のサービスである『Cacoo(カクー)』を使うのがオススメです。

こういったツールはウェブ制作だけでなく、マインドマップやビジュアルシンキング的な使い方をすればアイデアツールとして使うこともできます。

HTML5が本格的に普及してくると、こういったサービスがもっと増えてくるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。