いっそのこと「本との出会いの場」は『民営化図書館』が担えば良いのでは?


書店との失われた「約束」

上記は、ちょっと前に各所で話題になっていた書店は入場料を取って良いというエントリーについて、この記事を書くに至った「背景」を同ブログの管理人さんが語ったものです。

このエントリーを読んで、私自身も同じ「本(本文化?)好き」として思うところがあり、前回のエントリーを書くに至りました。

そこで、今回は上記でも言及されている『本との出会いの場』を、書店に代わって提供することが出来るポテンシャルを秘めているのではないか?と私が考えている業態(施設)について書いてみたいと思います。

それは、今後増えていく可能性が高い「民間事業者の手による図書館」です。

民間委託が進む「図書館運営」

図書館の民営化(正確には民間委託、指定管理社制度)については、徐々に導入が進められているにもかかわらず、根強い反発があるのが現状です。

利益を度外視した公共サービスを継続させるためには、税収を増やすのが最も手っ取り早いですが、少子高齢化でいよいよ人口増加にストップがかかる日本でそれを望むのは、少し酷ではないかと思います。

よって、様々な公共サービスが今後「民営化(もしくは民間委託、指定管理社制度の導入)」されていくことは避けられないのではないか?と私は考えています。

確かに図書館民営化問題でも言及されているように、完全に「利潤追求」一辺倒の運営は公共サービスにふさわしくありません。しかし、利益を全く度外視する運営というのも、現実から大きく乖離しているといえます。

文化や公共の福祉を守るのは、とても尊い姿勢ですし、企業が努めるべき重要な役割なのですが、それを「薄利(赤字)のいいわけ」にしてしまうと、事業に重要な“継続性”に問題が発生してしまい、結果として、利用者にとってもマイナスとなることでしょう。

企業メセナの一環として支えることも可能かもしれませんが、現在の様な景気後退局面など、調達出来る資金量に大きな波がありそうですので、あまり頼りにしすぎるのも考えものです。

では、どういった形で「図書館運営」を行うのが良いのでしょうか?(これは民間委託に限らず完全な「民運営」の図書館も含みます)

「図書館運営」にピッタリの業界とは?

私は、図書館と利害関係が近い事業を行っている企業が「図書館運営」を行うのが最もスマートなのでは?と考えています。つまり図書館が担うべき「本との出会い」にメリットを持つ出版社や印刷会社、日販・トーハンなどの取次会社が、文化事業も兼ねて図書館を運営するというアイデアです。

出版社が独自に「ミニ図書館」を作るというのも面白いかもしれませんが、各社が共同で出資した別会社で運営するほうが利用者の面からもいいでしょうね。

出版関連の会社が図書館を運営すれば、蔵書量も種類もケタ違いになりますし、新刊書籍も直ぐに借りることが出来るようになるかもしれません。気に入った本は図書館内の端末や専用のネットショップ経由で購入ができ、図書館のカウンターで受け取りが出来たりすると良いかも。

下記のエントリーによると、出版取次各社の業績は横ばいもしくは右肩下がりの状況が続いているようです。

取次決算まとめ – 60坪書店日記

出版不況と言われる昨今、出版取次による返品前提の委託販売制度にもいろいろと賛否両論があり、各社とも新しいビジネスモデル(収益源)を模索する必要があるのだと思います。

そのためのアイデアの一つとしては、なかなか面白いんじゃないでしょうか?

おまけ:もう一つの図書館

もう一つの案として、ブックオフが図書館をやるというのも面白いかもしれません。

現在でもブックオフの店内で立ち読みしている人は多いですが、読書スペースを設けて「半図書館化」しても面白いですし、ダブついた在庫を一カ所に集めて図書館として運営するのもいいかもしれません(全国各地のブックオフで貸出・返却までできるとものすごく便利ですね)

ブックオフオンラインの社外取締役をなさっている河野武さんのブログで、下記の様なエントリーがありました。

読むべき本が読みたいときに(サジェスト・エンジンその後) | smashmedia

「データの宝庫」でも表せるように、私は図書館とブックオフの持つ役割は結構似ているんじゃないか?と感じています。

私にとっては、両者とも豊富な蔵書量に基づいた「思いがけない本との出会い」が楽しめる場になっています(大型書店でもそういった出会いがないとはいえませんが、どうしても新刊寄りの品揃えになっていますからね)

上記エントリーの「サジェスト・エンジン」についても、購入した本だけでなく「借りた本」のデータも集めることができれば、もっと面白くなるんじゃないか?と思ったりしました。

 

Comments
  1. 河野 |
  2. hazat |
  3. 河野 |
  4. hazat |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。