Jコミ×BOOKSCANでみんなが幸せになるんじゃなイカ?


先日から「ラブひな」の無料配布が始まったJコミ

jcomi.jpg

同作品の著者であり「魔法先生ネギま!」でもおなじみの赤松健氏が始めた、絶版マンガを広告付きで無料配信する画期的なサービスです。

インタビュー:赤松健 「無料で漫画が読める『Jコミ』を作った理由」 – CloseUp NetTube – ライブドアブログ

いちiPadユーザーとしては、βテストに参加しない手はない! と、早速ダウンロード。初日なのでサイトに繋がりにくいのは覚悟していましたが、その日のうちに全巻DL出来たのはちょっとビックリでした。

とりあえずComicGlassで試読。広告もほとんど邪魔に感じず、かなり快適に読めますね。これがタダとはオドロキです(※ComicGlassだと広告のクリックができないみたい?)

いままで著作権が切れた作品に関しては青空文庫などのサービスがありましたが、絶版になりつつも著作権が切れていない作品に対しては復刊ドットコムのようなサービスしかなかったかと。そういったスキマを埋めるサービスとしても、このJコミの試みは非常に有意義だと感じています。

個人的にも是が非でも成功してほしいこの試み。そこで、どうすればこのサービスがより面白く、便利になるか? ちょっと考えてみました。

同じ本のファイルが複数あったら?

面白いと思ったのが、有志による「自炊」も受け付ける、という点。つまり著者が許可した作品なら一般ユーザーが自分でスキャンしたファイルでもOKというわけです。

中の人のブログでも、

Q.同じ作品のzipが複数アップロードされた際にはどうなりますか?
A.当社スタッフか作者様本人に判断して頂く方法と、しばらく同じ広告を入れてDL数が多い方を残していく方法があり得ると思います。

という表記がありますので、オフィシャルである程度選別するか競争原理に任せるといったスタンスのようですね。

そうなると起こり得るのが、同じ作品の同じ巻が複数存在してしまう、というケース。こうなってくるとユーザーは自然と「より高画質」「より低容量」のファイルを求めるようになるのではないか? と予想されます。

スキャンは『BOOKSCAN』におまかせ?

そこで登場するのがBOOKSCAN。奇しくも同じ時期にGIGAZINEさんのこの記事が話題になったばかりです。

本を送るとスキャンして電子書籍化してくれる「BOOKSCAN」の裏側を見せてもらいました – GIGAZINE

この記事でも紹介されている「チューニングラボ」の技術等を実感してもらうわかりやすいPRの場として、BOOKSCANが「Jコミのオフィシャルスキャナー」みたいになると面白いんじゃないでしょうか?

BOOKSCANは自社のスキャン+補正技術がPR出来ますし(ついでに広告も出したらいいんじゃないかな?)、Jコミ&協力作家陣も手軽に安定して高品質のデータを用意できます。そして、ユーザーは快適な読書タイムをタダで楽しめる、と。

より親和性の高いスポンサーやサービスの協力が不可欠になるであろう今後のことも考えると、結構オモシロそうだと思ったり。

「電子書籍元年」も残りあとわずか!

ぜひとも息の長いサービスになって欲しいので、Jコミ自身もちゃんと儲かる仕組みも考える必要がありそうですね。

読み切り作品や同人誌などの配信も考えている、とのことなので、こういった試みを起爆剤に一気に電子書籍が普及してくれることを願うばかりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。