百式企画塾に参加!画期的なケータイを考えた!→【話そフォン】


週に1回、ブログでブレスト。

今回も、IDEA*IDEAで公開中の百式企画塾に参加します。今回のテーマはこちら。

【百式企画塾】 画期的なケータイを考えた! | IDEA*IDEA

2009年、あなたが思いついてしまったのは「人間関係がどんどん良くなるケータイ」。コミュニケーションツールとしてのケータイに立ち戻り、持った人の誰もが優しくなれたという、その画期的なケータイについて次のことを教えてください。

そのケータイは、大ヒット商品である(A)にヒントを得て(B)なる機能を搭載していたため、通話そのものが楽しくなる仕組みになっていた。またアドレス帳自体をいじるのが楽しくなるように(C)なる工夫もされており、さらに通話する人が増えたという。その画期的なケータイの名前は(D)。

※ よろしければ図解も是非どうぞ!

さて、今回投稿するアイデアとは?


話せば直ぐに済む用事でも、わざわざメールすることが多い昨今。そんな時代に「通話の楽しさ」をもう一度実感する、そんなケータイを考えてみました。

そのケータイは、大ヒット商品である「ポイントカード(サイト)」にヒントを得て「通話の「レア度」と「通話時間」によってポイントが貯まる」なる機能を搭載していたため、通話そのものが楽しくなる仕組みになっていた。またアドレス帳自体をいじるのが楽しくなるように「ポイント順でランキング表示が可能」なる工夫もされており、さらに通話する人が増えたという。その画期的なケータイの名前は「話そフォン」。

今回も簡単なイメージ画像を作ってみました。

通話で貯まる「ポイント」

この「ポイント」のポイント(わかりにくい言い方ですね)は、単なる「通話時間の長さ」だけでなく、通話の「レア度」によっても得られるポイントが変わる、というところ。

電話番号を登録して初めて電話をかけた時や、何年も連絡していなかった人へひさしぶりに電話をかけた時など、心理的にちょっと抵抗があるような通話には、それに応じた高いポイントが得られる仕組みになっている、というわけです。

アドレス帳は「ポイントランキング」

もう一つのポイント(“重要点”という意味ですよ)は、アドレス帳が通常の五十音順でなく、ポイント数でランキング表示されている、というところ。

頻繁に電話をかける人は自然とランキングが高くなりますから、アドレス帳検索も容易になりますし、逆順(ワーストランキング)で並び替えることで、最近あまり電話していない人(=高いポイントが得られる人)を探すことも可能です。

ポイントの活用方法

着信時のポイントも付加出来たら「アクセスランキング」みたいなことも可能ですね。「この人は私からかけるよりも、かけてもらうほうが多い。」といった興味深いデータが得られるのも面白いかも。

ポイントはあくまで仮想なので、これを使って買いものが出来るといったサービスへ展開するのは難しいかと思います(総合ポイントに応じて特典があっても面白いかもしれません)が、自分の交友関係を見つめ直すための大切なデータになることは間違いなのではないでしょうか?

追記(12/05)

もう一つ別のアイデアを考えてみました!

百式企画塾に参加!画期的なケータイを考えた!その2→【いいとこフォン】

 

Comments
  1. Sequoia |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。