1000個以上溜まった「ブクマ(SBM)」を効率的に処理する方法


クリック1つで気になるウェブページやブログエントリーを保存しておける「ソーシャルブックマーク」

確かに便利なツールですが、気がつくとブクマ数がとんでもない量になってしまい、1つ1つ読み直すのは不可能な状態になってしまっている私のような方が、意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「溜まったブクマ」を上手に活かす(?)ための方法をいくつか考えてみました。

1.自分用の「カスタム検索エンジン」にする

一度は自分がピンときた(気になった)情報なのですから、その中だけに限定したキーワード検索というのも、結構便利かもしれません。

Googleブックマークなんかは、そういった使い方に向いているかもしれませんね。

2.タグを「タスク」で付け直す

ブログで紹介したりするために具体的な「作業テーマ」ごとにブックマークを整理し直す、というもの。「読む理由」を強引に作ってしまうのが目的ですね。

ブクマ1つごとにエントリーを1つ書く、というのが難しい方は、特定の情報ごとに「まとめページ」を作ると良いかもしれません。

3.全て削除してしまう

私はまだ踏ん切りがついていませんが、この方法が一番効率的なのかもしれません。

消した時はそれなりに凹んだり不便に感じたりするかもしれませんが、そういった痛みが次の効率化に繋がると考えればいいのです。

「全部消すのはどうしても。。。」という人も、現在注目している数個のキーワード(タグ)だけに絞って、残りは削除してしまう、というのも賢いやり方かも。

失敗を繰り返さないために。

そもそも調子に乗って1日に何個もブックマークしてしまったのが原因な訳です。

気になった情報は、その時(もしくはその日中に)にしっかりと読んでおき、他の情報は必要な時に都度探すようする。

これが最も賢いブクマの使い方だ、というのは自覚していたはずなんですけどね。なかなか思ったようにはいかないものです。

以下、自分への教訓としてメモ。

「あとで読む」タグのブクマが50を超えているアナタ。本当にそれ読めますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。